パンキチ

美味しいパンのある素敵な暮らし方をご紹介

江戸時代

江戸、十軒店雛市に並ぶ稲荷寿司

投稿日:2017-07-24 更新日:

江戸時代の庶民の暮らしぶりはどうだったのでしょうか。

天明年間の頃、庶民相手の「屋台見世」が現れ庶民の胃袋を満たした。
「屋台見世」では、鮨、天麩羅、蕎麦などが売られ、これで、立ち喰い文化が一般化した
十軒棚雛市とは、三月の雛市では、雛飾りの市が五月には端午の節句(男子の節句)武家で「甲冑」、「鯉幟」を飾ったことに習い「武家人形」、「鯉幟」を準備する人々で賑わった。
屋台には、稲荷寿司、鮨、天ぷらなどの屋台も立ち並んだ。


平和な時代が続く続き、江戸中期には、屋台から超高級料理屋、うどん、蕎麦屋、鮨屋、鰻屋などがあった。
江戸の時代は、商人と顧客は信頼関係で結ばれていた。何と支払いは、盆暮勘定。つまりお盆と年末の二回という。
日本の江戸時代後期は、おだやかな時代であった。

投稿者プロフィール

福 パンキチ
福 パンキチパンとハーブで素敵な暮らし
はじめまして、パンキチです。子供の頃からパンとお菓子が大好きで、その傾向は今も変わらず、お菓子教室、パン教室に通ったり、素敵なニュースが入れば、時間の許す限り、何処まででもすぐ飛んで参ります。このブログは、パンキチ個人の日常を綴ったものです。好きな物は、パン、健康的ダイエット、昔の映画、ターシャテューダーの庭、ハーブ、ベリー類。動物、古墳のような山、等、etc。です。 パンキチは、デジタルカフェに所属しています。どうぞよろしくお願い致します。

-江戸時代
-

執筆者:

関連記事

小兵衛弁当を持って江戸の町品川宿を闊歩する

「江戸切絵図散歩」を読みながら、品川へ向かう。本の中から抜け出して散歩に出掛けてみよう。 今日は、小兵衛弁当を持って、品川宿を歩いてみる。  品川は江戸から東海道を上る第1駅である。品川駅を降りて高輪 …

no image

江戸のおやつ 徳川家康ゆかりの上品なお菓子

江戸のおやつはどんなものがあったのでしょう。 江戸時代とは、慶長八年二月十二日(1603年)から慶応四年(1868年)四月十一日の江戸閉城までの期間です。 この期間の約265年間をいう。徳川幕府は、初 …

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ(月別記事)